これまで「虐待予防」や「ケアの本質・実践とは何か」について考え、自らも悩み続けながら現場の福祉職を応援している立教大学の結城俊哉先生をお招きし、援助職(ケアの担い手)による虐待問題と優生思想について考えます。

福祉現場の援助職として、「こころの健康」を保ちながら働き続けるうえで役立つ内容ですので、ぜひご参加ください!

援助職のダークサイドについて考える(←詳細はこちらをクリック)